01.4.2008

インタビューの反省点 Midnight Homeless Blue

今日はフィールドワークに行ってきました。

Midnight Homeless Blueというブログの管理人の方にインタビューをしてきました。彼はいわゆる「ホームレス」の方なんですが、3年半もご自身でブログを運営しておられます。非常に洗練された文章で、ホームレスのことやご自身のこと、社会一般のことなどをお書きになっているばかりか、短編小説のようなものもお書きになっています。興味のある方はぜひご覧になってください。

http://blog.livedoor.jp/kenjiro45/

今テープ起こしが終わったところなんだけど、本日の反省点を整理しておきます。

  • 俺の話が長い。「どんだけ俺話すんだ」っていうくらい長い。これは前回反省した点なんだけどなぁ
  • 質問が複雑になりすぎている。それを説明しようとして余計に複雑になっている。だから結果的に俺の話しが長くなる。これどうしたらいいかなぁ。。。というよりおそらく聞きたいこと自体が抽象的なことなんだよなぁ。
  • 妙に形式ばってしまうところがあって、流れがナチュラルじゃない。といっても、前回よりは少し改善したかもしれない。話しを聞きながらポイントはノートにとっていたので、ノートに書いたキーワードから随時、話を発展させられた。
  • インタビューに選んだお店が比較的よかった。場所によっては非常に話しづらい。店内の雰囲気とかもあるし。経験上、喫茶店が一番良い気がします。カフェは客同士の席が近すぎるのでだめですよ。
  • 文字起こしがうまくなった。論文に必要なものと、必要じゃないものの区別がスムーズにできるようになった。逐語的に起こすのではなく、話しの前後関係をうまく整理しながら、でも原文のニュアンスを壊さないようにできた。

ちなみにだけどテープ起こしのソフトを使っています。その名も「おこしやす」。いいネーミングだなぁ。ショートカットキーを登録しておけば、メモ帳で文字起こしをしながら、早送りとか、巻き戻しなどのコントロールができるので便利です!

おこしやす
http://www12.plala.or.jp/mojo/