03.29.2008

就職決まりました

就職が決まりました。
いやぁ。長かった。
この三月は結構忙しかったです。
おそらく15社くらい受けたと思います。
多くの会社から内定をいただいて、本当にびっくりしました。
やっぱり3年間のアルバイトで培った技術が役に立っています。
ものすごく評価されることが多いです。

さて、決まった会社はというと恵比寿にあるネットでのサービスの会社です。
主に旅行関係の情報を取り扱っています。
この会社が非常に面白い。

コンセプトとしては
雑誌やテレビなどのメディアではなかなか取り上げられないような観光スポットを紹介していく、
というもの。
現在は首都圏のみですが、近々全国版のものがロールアウトするらしいです。

しかもこの会社、エコツーリズム関係のサイトを作ってたりと
かなり幅広くやっている様子です。
少なくとも自分が今まで大学でやってきたようなものからは、
そんなに遠くないわけではないです。
といっても近いわけではないですが・・・。

少なくとも自分が働きながら、そういったマスであり、大量消費の視点ではなくて
ニッチでミクロなところから地域に関われるといったスタンスは非常にやりがいを感じます。

とりわけ少子高齢化が顕著な地方ではなおさらのこと。
地方にとっては観光資源の開発はそのまま地域の開発であり、
人口を呼び込む重要な政策となっています。
だから今は国が中心になって、「観光立国」なんてことも言ってる。
これは外貨の獲得とかとも関わっているのでしょうが・・・。

でも重要なのは、どのような地域が今後重要になってくるかではなくて
地域に住む人々がどのような街づくりをしていきたいかではないかと個人的に思っています。
なぜなら、「重要性」というのは既成事実のように
行政が勝手に作り出してしまって、それを前提にした政策を行った結果、
財政が圧迫されて、行政サービスの質・量が低下し、人口が減り、
職が減り、地域そのものが衰退していったという経緯があるからです
(少なくとも私の理解では)。

だからお上任せの地域開発なり観光開発ではなくて
その地域に住んでいる人たち、あるいはそこに訪れて住み始めた人たち自身が
どのように自分達の住んでいる地域を作っていきたいかという意志が
きちんと反映されるような開発でなくてはならないと思います。

そこで重要なのが紛れもなく情報発信です。
特にネットを使った広報活動だと思います。
低コストで、かつ双方向的なネットというメディアでは
様々な可能性があるんじゃないかな、と思っています。

だから、どのようにそうした地域を盛り上げていくかが
今後の自分の大きな課題だと思います。
といっても、仕事なのでどれだけできるかわからないけど
少なくともこういった視点は忘れずにいたいと思います。

地域によっては、せっかくいいものがあるのに
どこにいっても同じような風景・街並みになってしまうことは
そう少なくないと思います。
おそらく、このブログを読んでいる人のなかにも
「どこに行っても同じ」というような感覚を持ったことがある人もいるかと思います。
そう感じてしまうのは、おそらく偶然ではなくて、ある種の権力関係、
もっというと行政や企業と地域との関わりにある
一定のパワーバランスのようなものがあるのではないかなぁと感じます。

特に行政主導のレジャー施設や大手ホテルのリゾート開発などは
いろんな意味で地域の持っている文化的・自然的な豊かさを
貧しくしてきたように思います。

単に、地域っていろいろな姿があっていいと思うわけです。
そのほうが旅行者は楽しめる、というか
個人的にそういう街のほうが僕にとっては面白いです。

そこに人々が関心を持ったり、
実際に訪れるようなきっかけをたくさん作って行けたらなと思います。

ともかく、今ちょっと考えてみたいのは、
現代にとって「旅行」または「旅」ってどんな意味があるのかなぁということなんですが
ちょっと時間を作って勉強してみたいです。

とにかく、就職が決まりました!
四月一日、といっても来週の火曜からですが
いよいよ社会人です。
気合いいれていくぜ☆

03.22.2008

もう一つの卒業

別れの季節です。
今日をもって三年間働いたアルバイトが終わりました。
三年間という時間は決して短くないし、決して軽くもないです。

一昨日の夜に歓送迎会をしてもらいました。
縁もたけなわ、というところでなんと、
会社のみなさんからプレゼントをいただいてしまいました。

ネクタイとハンカチ。

そうです。僕も四月から社会人なんです。
気合を入れなおしてがんばらんとです。

そして寄せ書きまでいただいてしまいました。

あぁ。なんでこんなにも幸せなんだろう。
あんまり慣れてないというのもあって
すごくこそばゆいような、嬉し恥かしというか・・・。
でも素直に心の真ん中に入ってきて
嬉しいものがこみ上げて・・・。

あぁ。本当にこの会社にいれてよかったなぁ。

そして僕の上司の言葉。
彼とはもう三年の付き合い。
僕が入ったときには、まだ彼ともう一人の先輩しかいなかった。
そして、新たな人たちが入っては辞めて、
ついにはそのもう一人の先輩も去っていってしまった。
だから三年前のことを知っているのはもう僕と彼しかいなくなってしまった。

ほとんどゼロに近い状態で
二人で試行錯誤しながらこの三年間頑張ってきたように思います。
だから彼は僕の上司であるのと同時に
何か違うもので繋がっている「仲間」のような存在でもあります。
そんな彼がこんなことを言ってくれました。

「君がいてくれたら会社としても嬉しいかもしれない。
でも僕が初めて教えた部下だから、
新しいところでチャレンジしてもっと成長して欲しいって思った。
だから僕は『残ってくれ』とは口にしなかった。
だから君が頑張って活躍してくれたらこんなに嬉しいことはないよ。
君が活躍するほど、僕が君に教えてきたこと、
一緒にやってきたことは間違ってなかったんだって思うんだから」

うん。

本当にありがとうございます。

今の会社にいながら就職活動をするということが
なんかどことなく後ろめたいような気がして
なかなか相談できないこともあったけれど
それでも新しい場所で挑戦したいとずっと思っていて、
その気持ちを僕も口には出さなかったけれど
それが自然と伝わっていて、わかっていくれて
本当に嬉しかったです。

おそらく最初の一年、そして三年は挑戦の年になると思います。
何にでも挑戦してやろうと思います。
全力で頑張って、いつか部下としてではなく、アルバイトの僕としてではなく
同じ業界に働く人間として酒が飲めるようになれればと思います。
というより、きっとなると思います。
その時には今よりももっと面白くて、生産的な何かを生み出せるような気がしています。

今こんなに恐れる気持ちがないのは
おそらく、この三年間でやってきたことの重さを自分でわかっているからだと思います。
実際に就活してみて、自分が経験したことや、学んできた心構えが
どんなに会社に入って重要なことなのかということに気づきました。
ほぼ100%の会社で、そういったことを高く評価してくれます。

そして、もらった言葉とこのネクタイがある限り
僕は一人ではなくて、みんなが送り出してくれた気持ちと一緒に働いていけると思います。

だからね、だからね、
本当にありがとうございました、っていう気持ちなんです。

・・・

負けねーゼ!!

03.14.2008

就活第二弾

こんばんわ。しばらく更新してませんでした。
見てくださっている方申し訳ないっす。

最近はずっとナーバスな感じでした。
やっぱりネックになっているのは就活です。

内定をいただいていた会社をお断りするときは
「もしかしたら、この選択は間違いなのかも」と思いながら
電話をしていました。

その後も、やっぱり思うような会社がなかなか見つからず、焦る日々。
こういうときは、なかなか人に話すことも難しくなります。

でも今週は頑張っています。
某学生向けの就職サイトを離れて、探し方を変えてみると
面白い企業をたくさん見つけることができました。
まだ募集しているところもあります。
とりあえず片っ端からメールやエントリーシートを送って
面接を受けまくっている日々です。

感触としてはかなりいいと思います。
自分を必要としてくれそうな会社はあるし
四月までに、どこにも行き場がないっていうことは回避できそうです。
あとは、どれくらいの会社を回れるかっていうところです。
ここに来て、ようやくポジティブ思考が戻ってきました。

ヘンな感じですけど、いますごく充実しています。
いい会社と出会えそうな予感です。

03.3.2008

やめました

やはりやめることにしました。
事実上の内定をいただいていたのですが
やはり自分で決めたいと思って、やめることにしました。

今、何も残っていません。
すごく迷ったけど、やっぱりそうするしかないと、自分で思いました。
そのまま行って、中途半端な気持ちで働きたくないし。。。

本当に四月一日からやることがないです。
今月中に必死で会社を見つけようと思います。